リーキガット症候群とは

リーキガット症候群て何?

Leak = 漏れる Gut = 腸 Leaky Gut = 漏れやすい腸 と訳すことができます。

「リーキガット症候群」は日本名で漏出性消化管症候群と呼ばれ、原因不明とされている慢性疲労性症候群やアレルギー、自己免疫疾患の原因と言われています。

SnapCrab_NoName_2015-11-7_16-40-8_No-00

小腸の表面には絨毛という小さな突起があり、さらに絨毛の表面には細やかな突起があります。ここから消化されて細かい分子になった栄養素が体内に吸収され、腸壁の絨毛部分で炎症を起こしてしまうと、栄養を吸収する穴が大きくなりすぎる場合があります。普通は消化できない大きな分子は吸収しませんが、小腸での栄養を吸収する穴が大きくなってしまって、通常は吸収されない未消化のたんぱく質などの異物まで取り込まれてしまいます。たんぱく質は通常アミノ酸に分解されないと吸収されないが、未消化のたんぱく質が吸収されるようになってしまい、このような大きな分子は本来血液中には存在しないため、防御のためにアレルギー反応を起こしてしまいます。そうすると、肝臓や腎臓に負担をかけたり、アレルギーや免疫力の低下、関節炎、脂質異常症、糖尿病、膠原病など様々な病気や不調となって現れます。このような症状を漏出性消化管症候群「リーキガット症候群」といいます。

漏出性消化管症候群「リーキガット症候群」で起こる症状

  • アレルギー疾患(喘息、花粉症、アトピー性皮膚炎)
  • 膠原病(SLE、慢性関節リウマチ)などの自己免疫疾患
  • 倦怠感、ふらつき、肌荒れ、頭痛、ドライアイ、下半身の冷えや違和感や痛み、こむら返り、眠気、食後の倦怠感
  • 過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 炎症性関節炎(膝関節炎、リンパ節炎など)
  • 慢性筋肉痛(肩こりなど)、強直性脊髄炎
  • 肥満、過食症、糖尿病、低血糖症、肝障害、痛風、腎障害、高血圧、脂質異常症、血管障害(カルシウムがたまりやすくなる)、心臓病、骨粗しょう症
  • 甲状腺機能障害
  • 統合失調症、うつ病、パニック障害、過呼吸、てんかん、不眠症、チック症
  • 悪性腫瘍、良性腫瘍

未消化のたんぱく質に抗体ができてしまうとセロトニンの材料にアレルギー反応が起こり、うつ病になることもあります。

原因不明とされる慢性疲労症候群の原因ともいわれています。

漏出性消化管症候群「リーキガット症候群」の要因(腸壁に炎症を起こす原因)

  • 抗生物質をよく飲む(善玉菌が減少し、悪玉菌が増える)
  • 消炎鎮痛薬をよく飲む(粘膜に炎症を起こす)
  • 女性ホルモン剤(ピル)を服用(悪玉菌のえさになる)
  • 甘いもの(白砂糖を含む食品)をよく食べる(悪玉菌のえさになる)
  • アルコールをよく飲む(悪玉菌のえさになる)
  • カフェイン飲料をよく飲む
  • 牛乳などのアレルギー誘発物質の摂取
  • グルテン不耐症(グルテンを消化できない)
  • 必須脂肪酸(オメガ3系)欠乏症
  • 悪い油(参加した油、トランス脂肪酸など)の過剰摂取
  • 保存料(腸内細菌を殺す作用あり)
  • 食べすぎ
  • 胃酸、胆汁や膵液などの消化酵素不足(腸内環境を悪化)
  • 胃薬(制酸剤)の多様
  • 便秘(マグネット不足、食物繊維不足、水不足)
  • 寄生虫感染
  • バクテリア、細菌感染
  • カンジタ菌(酵母菌)感染
  • 重金属の蓄積
  • ビオチン欠乏症(先天性、遺伝性、粉ミルク、喫煙、アルコール)

腸内の悪玉菌が有害物質を発生させ腸管にダメージを与えたり悪玉菌であるカンジタ金などが繁殖し腸管に穴をあけてしまうこともあります。

110ce6d08d27199f43f6aa8c4077e4fb_s日常生活で気をつける事

  • 甘いもの、アルコール、カフェイン飲料、乳製品(ヨーグルトやチーズ、乳酸菌飲料を含む)、炭水化物、特に精製されたもの(白米、パンなど)、小麦製品を控える
  • 動物性脂肪や糖質を減らし、発酵食品、生野菜、海藻、きのこ、質の良い油をしっかり摂取する
  • 食べすぎない
  • 水を1日1.5リットル~2リットル摂取する
  • アレルギーがある場合アレルゲンの食材は避ける